思春期ニキビと違い、大人ニキビは非常に治りにくい

思春期のニキビは過剰な皮脂が原因でできるので、丁寧に洗顔をしていれば殆ど治ることが多いのですが、それに比べ大人のニキビは非常に治りにくいニキビです。

大人のニキビはどうしてこんなに治りにくいのでしょうか。
その原因は「肌の乾燥」「角質が毛穴に詰まってしまう」「生活が規則正しくない」などの
理由が原因と考えられます。
できる前に予防してニキビを防ぐのが一番の対策なのですが、モルモンのバランスがくずれたり、ストレスなどでどうしても防げないニキビはどうしたら治るのでしょうか。
それを踏まえてニキビの治し方をご紹介していきたいと思います。

肌の乾燥がニキビの原因になる

夏はクーラー、冬は暖房などでどうしても肌が乾燥してしまうのです。
それに対処するにはまず乾燥肌を改善する事です。
日常、できることはこまめに洗顔をすることです。
しかし、洗顔料や洗い方にも気をつけましょう。
洗顔料は油分の含まれるものは避けましょう。
そして洗顔の仕方ですが、あまり強くこするのは逆効果です。
ぬるま湯で丁寧に汚れを落とすのが最善です。
洗顔したら保湿力の高い化粧水を使ってきちんと保湿しましょう。

化粧水もインオイルのものを選ぶようにしましょう。
今はニキビができにくい石鹸の洗顔料も出ています。
化粧水も今は結構種類が多く医薬品と指定されてる化粧水もいいと思います。

あとビタミンCも欠かせない成分です。今は飲み薬のようなビタミン剤も
でておりますが、日常生活の食べ物からも摂取するよう心がけましょう。
レモン、パセリ、イチゴ、ブロッコリーなど

食事の中に取り入れるようなメニューを考え、規則正しい食事をしましょう。
これも生活習慣の一環です。

アクネ菌とニキビの関係

ニキビは皮脂や角質などで毛穴がつまりできやすくなります。
アクネ菌が増殖して炎症をおこすと悪化してしまいます、
そうならないためには、まず正しい洗顔でアクネ菌を増殖させないことが大事です。

運動するとニキビが治る?

体力がない人が運動すると逆にニキビがでやすくなります。
ですから、「体力がつけばニキビができにくくなる」ようです。
これは一つの目安ですので誰でも出ないということではありません。

乾燥肌でもニキビはできる?

そうではなく乾燥肌だからニキビができるのです。
何故かというと毛穴が詰まりやすくなっているからです。
過剰なスキンケアで肌が乾燥してるので、朝は一度、水だけで洗顔する。
以上、ニキビに関する記事ですが、ここにあげた症状が全ての人に適してるとは言えません。
あくまでも、一例として記事をご参照下さい。