紫外線はシミの原因となるお肌の大敵

紫外線はシミの原因となるお肌の大敵です。

紫外線予防には日焼け止めはもはや必需品です。日焼け止めはスプレー・ジェル・乳液タイプと様々あり、紫外線を防ぐ数値SPFやPAも商品により異なります。

日焼け止めの選び方をご紹介します。まず、日焼け止めのSPF・PA についてです。日焼け止めを選ぶときに、パッケージにかかれているSPFとPAを見て購入する方は多いですが、はっきりと数値の違いをご存じの方は意外に少ないです。

簡単にいうと、SPFは紫外線B波・PAは紫外線A波をどれだけ防げるのかを示しています。SPFの数値は、20分肌に何もつけていない状態と比べてどれだけ紫外線を防ぐことができるのかを数値によって記しています。

例えば、SPF20だと20分の20倍、つまり400分紫外線を防ぐことができるのです。PAは+の数でどれだけ紫外線を防げるかを示しています。

紫外線A波はシミ・黒くなる原因を作り、紫外線B波はシミ・皮膚ガンの原因を作ります。SPFとPAの数値が高ければそれだけ紫外線予防効果がありますが、肌を日焼け止めで覆うのではだにとっては負担にもなります。

日常使いとレジャー使いで日焼け止めを使い分けることが大切です。次に日焼け止めの形状についてです。スプレー・ジェル・乳液の3タイプの日焼け止めがありますが。

一番メジャーなのが乳液タイプの日焼け止めです。手にとって少しずつ塗り込むことができるので、塗り残しが少ないのがメリットです。

デメリットは塗るのに時間がかかることと、白くなりやすいことです。ジェルタイプの日焼け止めは、肌に乗せるとすーっとのびるのでとても塗りやすいです。乳液タイプよりも白くなりにくいのがメリットです。デメリットは塗ってから乾くまでの少し時間がかかることです。

最後にスプレータイプの日焼け止めです。スプレータイプはしゅーっと肌に吹きかけるだけなので非常に時短になります。髪の毛にも使えるものもあります。デメリットは、塗り残しし易いことです。数多くの日焼け止めがあり使い心地も商品により異なります。自分に合った日焼け止めでしっかり紫外線予防することが大切です。