ニキビ跡が残らないようにする方法は?~原因と対策~

睡眠不足など、生活習慣が乱れるとできてしまうのがニキビ。数日たってようやく治ってきたと思ったのも束の間、今度はニキビ跡に悩まされる…なんてこと、ありませんか?どうせなら、ニキビが落ち着いた後も、跡が残らないよう、綺麗に治したいですよね。

そもそもなぜニキビが治った後も赤みが引かなかったり、跡が残ってしまうのでしょうか?
それには2つの理由があります。

1つ目は、皮膚の内部で炎症の残骸が残っているため。
そして2つ目は、細胞を修復できるよう、血管が開いているためなのです。

つまり、あのニキビが落ち着いた後の赤みは、実は細胞修復を行っているという証でもあったのですね。そのため、赤みは時間の経過とともに、自然と引くことがほとんどです。
それでは、赤みを早く抑える方法、あるいは細胞の修復を効果的に行う方法はあるのでしょうか?

ニキビの赤みをいち早く抑えるために重要なもの。それはズバリ、ビタミンCです。ビタミンCの配合されたクリームやローションをタップリと塗ることで、赤みの減退が期待できます。
また、赤みがあるということは、細胞修復の途中であるということ。つまり、赤いうちにビタミンCの配合されたクリームを塗ることで、細胞修復を助けることができるのです。そのため、ニキビがより綺麗に治ることが期待できます。

また、食生活も見直すことで、内側からニキビ跡にアプローチすることも重要です。

特に効果的な栄養素として挙げられるのが「タンパク質」「ビタミンB」「ビタミンC」の3つ。具体的な食材は次のとおりです。

タンパク質は主に肉や魚、大豆製品に豊富に含まれています。しかし、高脂肪な食品はニキビを悪化させてしまう危険性があるので、高タンパク低脂肪な卵・ささみ・白身魚などを摂るとよいでしょう。

また、ビタミンBを豊富に含むほうれん草や、ビタミンCを豊富に含む野菜や果物もバランスよく摂取するよう、心がけましょう。
ビタミンC配合のクリームやローションを利用する「外」と食生活を見直す「内」両面からのアプローチでニキビ跡とはおさらばしましょう。

紫外線はシミの原因となるお肌の大敵

紫外線はシミの原因となるお肌の大敵です。

紫外線予防には日焼け止めはもはや必需品です。日焼け止めはスプレー・ジェル・乳液タイプと様々あり、紫外線を防ぐ数値SPFやPAも商品により異なります。

日焼け止めの選び方をご紹介します。まず、日焼け止めのSPF・PA についてです。日焼け止めを選ぶときに、パッケージにかかれているSPFとPAを見て購入する方は多いですが、はっきりと数値の違いをご存じの方は意外に少ないです。

簡単にいうと、SPFは紫外線B波・PAは紫外線A波をどれだけ防げるのかを示しています。SPFの数値は、20分肌に何もつけていない状態と比べてどれだけ紫外線を防ぐことができるのかを数値によって記しています。

例えば、SPF20だと20分の20倍、つまり400分紫外線を防ぐことができるのです。PAは+の数でどれだけ紫外線を防げるかを示しています。

紫外線A波はシミ・黒くなる原因を作り、紫外線B波はシミ・皮膚ガンの原因を作ります。SPFとPAの数値が高ければそれだけ紫外線予防効果がありますが、肌を日焼け止めで覆うのではだにとっては負担にもなります。

日常使いとレジャー使いで日焼け止めを使い分けることが大切です。次に日焼け止めの形状についてです。スプレー・ジェル・乳液の3タイプの日焼け止めがありますが。

一番メジャーなのが乳液タイプの日焼け止めです。手にとって少しずつ塗り込むことができるので、塗り残しが少ないのがメリットです。

デメリットは塗るのに時間がかかることと、白くなりやすいことです。ジェルタイプの日焼け止めは、肌に乗せるとすーっとのびるのでとても塗りやすいです。乳液タイプよりも白くなりにくいのがメリットです。デメリットは塗ってから乾くまでの少し時間がかかることです。

最後にスプレータイプの日焼け止めです。スプレータイプはしゅーっと肌に吹きかけるだけなので非常に時短になります。髪の毛にも使えるものもあります。デメリットは、塗り残しし易いことです。数多くの日焼け止めがあり使い心地も商品により異なります。自分に合った日焼け止めでしっかり紫外線予防することが大切です。