睡眠は美肌に直結!質を高めるために

睡眠は人間にとってとても重要なものです。

私たちの人生の1/3は睡眠だといわれるくらいなのですから。しかし忙しい現代社会では、その睡眠時間が昔に比べるとどんどん少なくなってきているのです。それでも時間を見つけて睡眠を取り、私たちは体の疲労の回復に努めています。

女性で睡眠不足になったら、肌にも影響が出て困ったという人はいないでしょうか。睡眠時間が少なくなると身体の疲労が回復しないだけではなく、美肌にも影響があるのですね。そこで今回は、美肌と睡眠についてご紹介します。

睡眠不足は細切れ睡眠でも解消できる?

まとまって睡眠時間が取れない人でも、細切れ時間を使って睡眠をとることが出来るという人もいます。細切れ睡眠でも美肌にはいいのでしょうか?睡眠不足になるとクマが出来たり、顔色が悪くなることが多くなります。

これを細切れ睡眠でもとることができたら、クマは解消されるでしょう。また顔色もよくなることが期待できます。細切れ睡眠でもとらないよりはいいのです。しかし実はもっと効果的な方法があるのです。それが次にご紹介する睡眠時間です。

睡眠時間が少ない人は、時間帯に注意しよう

睡眠時間が少ない場合、その睡眠をとる時間が重要です。そのキーワードは成長ホルモン。私たちは寝ている間に成長ホルモンを出しています。その成長ホルモンは美肌にい影響を与えるのですね。それは成長ホルモンが、細胞の代謝や生成にかかわっているからなのです。

その成長ホルモンは、夜22時から2時の間に分泌が多いのです。つまり睡眠時間が少ない人も、この時間に合わせて眠ることで、良質な睡眠をとることが出来るのです。

まとめ

睡眠は美肌に直結します。そのため睡眠はできれば8時間程度取ることが理想的です。

しかし忙しければ、それも無理ですよね。そんな時は、時間よりも睡眠の質を考慮しましょう。質を高めるためには、睡眠をとる時間帯に注意して、成長ホルモンがたくさん出る時間に合わせるといいのです。

すっぽんは栄養価の高い食材の一つ、味も良い

すっぽんを食べたことがある人は多くないと思います。そもそも亀自体、なんとなく日常的に食べるイメージの少ない食材かもしれません。

しかし実は、すっぽんは栄養価の高い食材の一つなんですよ。それに味も良い。すっぽん料理店が全国に数多く存在していることからわかるように、すっぽんは美味しく食べられる優良な食材として認知されているのです。

今回は、そんなすっぽんについて解説いたします。ぜひチェックしていってください。

・すっぽん料理の種類

すっぽんを食す……といえば、お鍋を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。すっぽん料理といえば鍋が定番というイメージは確かに強いですよね。すっぽんは美味しいダシが出るので、鍋料理にしたり、雑炊にしたりすると絶品です。

しかしすっぽんは様々な食べ方ができるんですよ。そもそもすっぽんは全身ほとんどの部位を食すことができると言われています。
なかでも代表的なものとして挙げられるのは、やはりから揚げでしょう。すっぽんのから揚げは鶏肉のような食感に加え、良質な歯ごたえと脂身があり、にじみでるような旨味を楽しむことができます。

・すっぽんの効果

まずすっぽんの成分ですが、ビタミンB1・B2、アミノ酸のほか、脂質、鉄、亜鉛などさまざまなものが豊富に含まれています。またコラーゲンなど美白・美肌に重要な役割を果たす成分も含まれます。これらのことから、以下の効果が期待されると言われています。

1、滋養強壮

滋養強壮とは、要は、身体の機能を高める栄養を与えることです。

したがって滋養強壮効果と言えば、身体の状態を良くしてくれる効果がある、ということですね。すっぽんは、この滋養強壮効果が非常に高いと言われています。

それはすっぽんにはビタミンやミネラルなど人体に必要な成分がバランス良く含まれているからです。身体の機能を高く維持したい方、あまり身体が強くない方はすっぽんを食べることで、日々をよりよく生きることが可能になるかもしれません。

2、美容効果

コラーゲンやアミノ酸はもちろん、美容には重要な要素です。このためすっぽんは女性にもおすすめできる食べ物なんですね。このほかビタミンB2も、肌のターンオーバーを正常にしてくれるため魅力的です。

3、貧血対策

すっぽんに含まれるミネラル、なかでも鉄分は貧血の予防を行ってくれます。貧血気味の方や、貧血に悩まされている方にはおすすめです。

このように、すっぽんは味・栄養ともに非常に優れた食材です。興味がある方は、ぜひ一度食べてみてくださいね。

重い便秘が引き起こす別の病気は深刻

自分が便秘だと自覚している人は、3人に1人はいると言われています。

中でも女性のほうが便秘を抱えている人が多く、ダイエットの特集とセットのようにテーマとして女性誌やネットなどで扱われているのを多く見かけます。

便秘はある意味「普通の病気」であるように見えることから、あまり心配していない人も多いようですが、重い便秘が引き起こす別の病気には深刻なものもあります。

排出されずに腸内に留まった老廃物が腸管へと吸収されると、やがて血管と通って全身を巡ることになってしまいます。老廃物には有害なガスをも含み、身体に悪影響を及ぼしてゆきます。

その結果、皮膚の荒れや頭痛や吐き気、そして脳や心臓の疾患をも引き起こす可能性があるのです。けして、たかが便秘、とあなどってはいけないものなのです。

ですので、あまりに長く排便が困難であったり、お腹が重く感じたりしだしたら、市販の便秘薬だけを頼るだけでなく、病院を訪ねるようにもしましょう。日々の健康を保つには、快眠と快食、そして快便も重要なのです。

便秘が起こる理由

そもそもどうして便秘が起こるのでしょうか。

その理由には、腸内環境の悪化があげられます。便秘は、腸管にへばりついた泥のように固着した老廃物により排出が困難となり起こるものです。なぜこのような老廃物が溜まるかというと、腸管の働きが弱ったためです。腸内に悪玉菌が増え、善玉菌が減ったために本来の働きを果たせなくなっているということです。

この原因は食生活の偏りにより必要な栄養素が不足したためであったり、睡眠不足や運動不足で身体の機能が低下したせいであったり、ストレスを抱えたために心身のバランスを崩したせいであること、などが考えられます。

便秘を改善するために

便秘の改善のためには、原因として考えられる要素それぞれを自分に当てはめてみて、改めるべきポイントを見つけて生活を変えていくことが必要です。

たとえばファストフードばかり食べていたり、野菜があまり摂れていないのなら、野菜中心の食生活に改めていくことが必要です。また、本格的な運動は難しくても、歩く時間を増やしたりストレッチを取り入れてみたり、適宜身体を動かすように心がけることも便秘解消のために役立つでしょう。

そのように長期的に行っていくことで、徐々に腸内環境が改善されていくことが期待できます。一朝一夕で治るものではありませんので、気長に取り組んでいきましょう。