オリーブオイルで保湿すると毛穴汚れが溜まらない

毛穴の汚れをしっかりと落とし、新たな汚れを溜めないようにするために、お肌の保湿も凄く重要になってくるのです。

お肌の保湿に凄く優れていると最近では、オリーブオイルが凄く人気を集めているのです。

市販の洗顔フォームにオリーブオイルを混ぜるだけでも保湿効果は変わってくるのだそうです。

また、クレンジングオイルの代わりにオリーブオイルを使ってクレンジングをする方法も最近では人気を集めています。

市販のクレンジングオイルには、ほとんどのものに「界面活性剤」と言うものが含まれており、お肌に必要な油分まで奪ってしまい、乾燥肌の原因ともなってしまうと言われているのです。

お肌が乾燥すると、乾燥からお肌を守るためにさらに沢山の皮脂を分泌させ、結果的に汚れとして残ってしまうのです。その汚れが毛穴の黒ずみとしてたまっていき、解消するのが困難になってしまうと言われているのです。

オリーブオイルは体の中に入れるものなので、天然の成分しか含まれていません。もちろん界面活性剤なんかも一切含まれていないので、安心して使うことができるのです。

オリーブオイルをクレンジングの代わりに使うことによって、メイクの油分だけを落とし、お肌に必要な油分は残してくれるのです。

そして、オリーブオイルに含まれる「オレイン酸」には保湿力も非常に高いと言われているのです。お肌の乾燥に悩む人や、敏感肌の人には特にオリーブオイルを使ってのクレンジングや洗顔はお勧めです。

お肌の乾燥も毛穴の悩みの原因となるので、気をつけなければいけません。お肌の保湿をしっかりすることによって、毛穴の汚れの悩みを少しは解消することができるようになるのです。

そして、オリーブオイルに含まれるオレイン酸には、お肌を保湿してくれる効果だけでなく、お肌の角質や毛穴の黒ずみを落としてくれる効果もあるので、オリーブオイルでクレンジングをすることによって、一緒にお肌のケアもしてくれる効果があるのです。

保父に負担をかけることなく、余分な汚れを落とし、お肌を守ってくれるのです。

ディフェリンゲル

開いた毛穴を引き締める方法

メイクをしようと思ったとき、毛穴が開いているとどんなに努力しても隠すのが難しいですよね。特に夏場は毛穴が開きやすいと思います。

開いた毛穴は一時的に引き締めることができます。

収れん化粧水とは

収れん化粧水には毛穴を引き締める働きがあります。他にも皮脂の分泌の抑制、キメを整える働きもあります。

収れん化粧水は一時的に毛穴を引き締めるもので根本的な解決にはなっていません。しかし、夏場にメイクをするときに毛穴が目立って困るときなどに便利です。

使う順番

収れん化粧水は普段使っている化粧水と乳液の後に使います。収れん化粧水を使うのだから普段の化粧水はいらないのでは、と思うかもしれませんが、普段の化粧水はまた違った働きがあります。

化粧水には潤いを与える、キメを整える、後に使う化粧品の浸透をよくする働きがあります。普段の化粧水を使うことで、美容液や乳液の力を引き出すことができます。収れん化粧水とは役割が違うので、スキンケアのはじめに使用しましょう。

つけ方

おすすめはコットン使いです。コットンにたっぷり500円大くらい収れん化粧水をとって、気になるところにパッティングします。毛穴の開きが気になるところは特に入念に行います。強く叩くと刺激になってしまうので、こすらず優しくパッティングしてください。

どんな人におすすめ?

収れん化粧水には皮脂の分泌を抑える働きもあるので、脂性肌の方におすすめです。

アルコールを多量に配合しているものもあり刺激があるので、乾燥肌や敏感肌の方は刺激を感じることがあります。アルコールは肌内部に存在する潤いを逃がしてしまうので、乾燥がさらにひどくなることもあります。ヒリヒリなどが出たらすぐに使用を中止してください。

毛穴の機能を改善する

運動しないと筋肉が衰えたり固くなったりするのと同じように、毛穴も鍛えないと開閉がうまくできなくなり開いた状態になります。

運動や入浴で汗をかく、体を冷やさないようにする、バランスのよい食事で毛穴の機能を改善します。

思春期ニキビと違い、大人ニキビは非常に治りにくい

思春期のニキビは過剰な皮脂が原因でできるので、丁寧に洗顔をしていれば殆ど治ることが多いのですが、それに比べ大人のニキビは非常に治りにくいニキビです。

大人のニキビはどうしてこんなに治りにくいのでしょうか。
その原因は「肌の乾燥」「角質が毛穴に詰まってしまう」「生活が規則正しくない」などの
理由が原因と考えられます。
できる前に予防してニキビを防ぐのが一番の対策なのですが、モルモンのバランスがくずれたり、ストレスなどでどうしても防げないニキビはどうしたら治るのでしょうか。
それを踏まえてニキビの治し方をご紹介していきたいと思います。

肌の乾燥がニキビの原因になる

夏はクーラー、冬は暖房などでどうしても肌が乾燥してしまうのです。
それに対処するにはまず乾燥肌を改善する事です。
日常、できることはこまめに洗顔をすることです。
しかし、洗顔料や洗い方にも気をつけましょう。
洗顔料は油分の含まれるものは避けましょう。
そして洗顔の仕方ですが、あまり強くこするのは逆効果です。
ぬるま湯で丁寧に汚れを落とすのが最善です。
洗顔したら保湿力の高い化粧水を使ってきちんと保湿しましょう。

化粧水もインオイルのものを選ぶようにしましょう。
今はニキビができにくい石鹸の洗顔料も出ています。
化粧水も今は結構種類が多く医薬品と指定されてる化粧水もいいと思います。

あとビタミンCも欠かせない成分です。今は飲み薬のようなビタミン剤も
でておりますが、日常生活の食べ物からも摂取するよう心がけましょう。
レモン、パセリ、イチゴ、ブロッコリーなど

食事の中に取り入れるようなメニューを考え、規則正しい食事をしましょう。
これも生活習慣の一環です。

アクネ菌とニキビの関係

ニキビは皮脂や角質などで毛穴がつまりできやすくなります。
アクネ菌が増殖して炎症をおこすと悪化してしまいます、
そうならないためには、まず正しい洗顔でアクネ菌を増殖させないことが大事です。

運動するとニキビが治る?

体力がない人が運動すると逆にニキビがでやすくなります。
ですから、「体力がつけばニキビができにくくなる」ようです。
これは一つの目安ですので誰でも出ないということではありません。

乾燥肌でもニキビはできる?

そうではなく乾燥肌だからニキビができるのです。
何故かというと毛穴が詰まりやすくなっているからです。
過剰なスキンケアで肌が乾燥してるので、朝は一度、水だけで洗顔する。
以上、ニキビに関する記事ですが、ここにあげた症状が全ての人に適してるとは言えません。
あくまでも、一例として記事をご参照下さい。

プラセンタエキスはクレオパトラも使った美容成分

美容成分の中で今とても流行っている「プラセンタ」ですが、
プラセンタっていったい何?と思っている方も多いと思います。またプラセンタは知っていても、どういう理屈でアンチエイジングに効果があるの?と疑問に思っている方々のために、

今回は「プラセンタがアンチエイジングに効果がある理由」をまとめてみたいと思います。

「プラセンタ」っていったい何?

プラセンタとは、なんと英語で「胎盤」という意味です。

一瞬聞くと「え!?」と思ってしまうと思いますが、もちろん美容成分として使われるプラセンタは豚や馬のものが使われています。

ちなみにヒト由来のものは、医療機関などで使われています。もちろん、胎盤そのものが美容液の中に入っているわけではありません。胎盤から抽出したエキスが俗に言う「プラセンタエキス」なのです。

実はプラセンタは、紀元前からアンチエイジングに使われてきた歴史があります。
あのクレオパトラが美しさを保つために使ったともいわれています。
日本に伝わってきたのは江戸時代頃で、昔は乾燥させて秘薬として飲んでいたんだとか。
長いこと伝統的に使われてきたということは、本当に効き目があるということを物語っているのでしょう。

プラセンタにはどんな効果があるの?

プラセンタには数え切れないほどの効果があるのですが、その中でもアンチエイジングに最も適している理由は「グロースファクター」とも呼ばれている成長因子が働いてくれるおかげなのです。

このグロースファクターは、細胞分裂を促してくれるので、肌や髪などが生まれ変わるのにとても役に立ってくれるのです。

歳を重ねるごとに代謝も落ちていき、細胞分裂が遅くなると肌も生まれ変わることが出来ずにどんどん老け込んでしまいます。

しかしプラセンタを利用することによりグロースファクターが働き、どんどん新しい肌を作ろうとするので、ピチピチのハリのある肌に生まれ変わるというメカニズムです。

またプラセンタには女性ホルモンに似た作用もあり、バストアップや肌がさらに艶やかになったりという効果もあるんだそうです!

まさにプラセンタは「若返りの成分」と呼んでも過言ではありませんね。積極的にプラセンタを利用して、キレイになりたいですね。

肌を健やかに整えるセラミドのチカラ

「セラミド」は、もともと人が持っている成分であり(水分と油分を溜め込んで)肌に潤いを与えてくれる存在です。
肌には元来、肌を外的刺激から守るバリア機能が備わっているのですが、そのバリアの主要成分の1つが、このセラミドです。

セラミドのチカラとは?

セラミドには、“肌に欠かせない水分と油分”をためこむチカラがあります。
セラミドがしっかり機能している肌は、水分と油分のバランスが整っており、水分が蒸発しにくく、外的刺激のダメージも受けにくい状態です。

逆に言えば、セラミドが不足してしまうと、肌のバリア機能は低下。紫外線や乾燥・ハウスダストやダニといった外的刺激に対して弱くなってしまい、肌荒れ・ニキビをはじめとする肌トラブルが起きやすい状態になり、症状が悪化すればアトピーの発症リスクなども高まります。

さらに、セラミドが足りなくなると、(肌から水分が失われやすくなりますから)シワなどのエイジングサインも目立つようになってしまうのです。

つまりセラミドは、様々なトラブルから肌を守り・肌を潤いのある健やかな状態に導いてくれる成分だと言えるでしょう。

しかし、角質層に存在するセラミドは、年齢とともに減少していくとされています(30歳頃から急劇に減少し、50歳頃には20代の頃の半分にまでセラミド量は減ってしまうというデータがあります。

セラミド不足を解消するには?

加齢とともに減少するセラミド。

そこで、注目したいのが、近年、多数登場してきているセラミド配合の商品です。
化粧品やサプリメントでセラミドを補うことで、肌のバリア機能の回復が期待できます。

セラミドは、先述通りもともと肌に存在する成分ですから、肌・身体への刺激が少ない点が特徴。
乾燥して敏感になっている肌にも、セラミド配合化粧品は安心して使用することができます。

また、コラーゲンやヒアルロン酸などの働きをサポートする効果も期待されているセラミド。
コラーゲンなどの成分と合わせて使用することで、より高い保湿効果・ハリ効果が期待できると言われています。

乾燥肌のニキビケアに重要なこととは?

水分と油分が不足していて、常にかさかさと乾燥した状態の乾燥肌。
ニキビは皮脂が多く出る脂性肌特有のものだと思っていませんか?

実は、乾燥肌とニキビには大きな関係があるんです。

乾燥していると皮脂が過剰分泌される

肌には自己防衛機能が備わっていて、かさかさした乾燥肌を守ろうとして皮脂を過剰に分泌してしまいます。
それが毛穴に詰まってしまうと、ニキビの原因菌のアクネ菌が繁殖してしまいます。

古い角質が毛穴に詰まってしまう

水分不足の乾燥肌はターンオーバーが乱れていて、古い角質がはがれにくくなって、積み重なってしまいます。

また、肌が固くなっていて毛穴が細くなりがちなので、古い角質が毛穴に詰まりやすいのです。

そこへアクネ菌が繁殖してしまって、ニキビができてしまうというメカニズムです。

乾燥を防ぐことがニキビケアに重要

このように乾燥肌だからこそニキビができやすい原因がいくつかあるので、ニキビケアするには、乾燥を防ぐのが重要です。

水分不足で肌のバリア機能が弱っている乾燥肌は、たっぷりと化粧水で水分を補給して、潤いを逃がさない高い保湿力を持った化粧品でお手入れするのが良いでしょう。

保湿された肌だとバリア機能も回復してきて、潤いが逃げにくい肌になってくれます。

皮脂を守るスキンケアをしよう

ニキビが気になるからといって、皮脂を取り除くようなケアは乾燥をより一層進ませてしまいます。
負のサイクルに陥って乾燥からニキビがまたできてしまって、ニキビができたり治ったりの繰り返しになってしまいます。

皮脂は肌のバリア機能の一部で、乾燥を防ぐ働きもしています。
乾燥肌の場合は皮脂の分泌も少ないですから、肌の皮脂を取り過ぎないスキンケアが重要です。

クレンジングと洗顔は優しく丁寧に

肌に一番負担がかかるスキンケアは落とすケアのクレンジングと洗顔です。

皮脂や潤い物質が奪われやすくなるので肌に優しい化粧品を使って、こすらず丁寧に落とすケアをするのがポイントです。

乾燥肌のニキビは、保湿重視のスキンケアで十分治していくことができます。
肌をいたわりながら保湿を徹底して、ニキビを撃退しましょう。

ニキビを治すには皮膚科へ通いましょう

皮脂活動が活発になり、皮脂を分泌する毛穴につまるのが原因でニキビができます。

簡単に説明すると皮脂線の炎症です。毛穴の中に皮脂や角質層が厚くなり固くなり毛穴がふさがっている場合、皮脂が外に出れなくなります。ニキビの初期の状態です。
皮脂が毛穴の毛包にたまりニキビ菌が繁殖しひどいニキビになります。
ニキビができる原因は、他にもいろいろ有ります。

思春期のホルモンのバランスが崩れ、男性ホルモンの多くなり皮脂腺が活発になり、生理前にも男性ホルモンが増えるので皮脂腺が活発になります。
ストレスにより自律神経が安定しなくなりホルモンの分泌が増えます。その為に男性ホルモンが多くなり皮脂腺が活発になります。

食生活の乱れ、ビタミン等の不足、砂糖が入った甘いものの摂り過ぎ油の多い食べ物等の摂り過ぎにも関係します。

合わない化粧品でもニキビが出来る事があります。自分の肌に合わない化粧を使ったり、正しくない洗顔方法、洗顔のゆすぎがしっかりできていないのもニキビの出来る原因になります。

思春期を過ぎてもニキビは出来る?

思春期のニキビは小学生高学年、中学生、高校生に見られるニキビです。

急激に増える性ホルモンのバランスが崩れてできます。皮脂の多い鼻、Tゾーンにニキビが出やすいです。

大人になってできるニキビを大人ニキビと言います。

大人ニキビは30歳から40歳ぐらいでは口周りにできる人が多いです。
大人ニキビの原因にもホルモンのバランスが関係します。

寝不足、疲労、環境の変化によるストレス、精神的のストレス等が原因でホルモンのバランスが崩れるのです。

ニキビの傷跡

ニキビ跡の色素沈着で悩んでいる人も多いです。
私も20代の時、顔のほほ全体にひどいニキビがありました。

白い生んでいるようなニキビ、ポツポツとしているようなものまでかなりひどかったです。

20年前だからなのかわかりませんが、あんなにひどかったニキビなのに自然と消えています。
私のようにニキビの跡が消えてなくなるのはラッキーです。ニキビの跡があまりにもひどい場合は

皮膚科に相談する事をお勧めします。ニキビは皮脂線の炎症が原因なので専門家に見てもらう事が一番です。皮膚科で自分にあった薬を処方してくれるのかどうかわかりませんが、今気強く治るまで自分にあった皮膚科を探しましょう。

もちろん皮膚科よりも美容クリニックの方がいいという人もいます。

肌の美容専門のクリニックなのでニキビ跡を治療してくれます。

ニキビ跡の赤み、色素沈着、凸凹に合わせたニキビ治療をしてくれるので人気があります。
ニキビ跡は本当に辛い気持ちになるのも経験者ではないとわからないものです。